【大濠公園花火大会】終了後の大濠公園清掃ボランティア

ゴミ拾い

福岡の一大花火イベント毎年8月1日の大濠公園花火大会です。毎年40万人以上が花火を見に来ます。

しかしこのイベント、終わった後のゴミが凄いんですね。さすが40万人です。

そこで行政だけでなく数年前からボランティアの人たちによるゴミ拾いを行っています。

そこに今回は資格の紅白も参加させていただきました。

開始の7時にはすでに数組のボランティア団体が動いており、ゴミも取りつくされているかと思いましたが探していくと意外と見つかっていきます。

ビールの空き缶やたばこの吸い殻、テキ屋のゴミ等が見つかり気づけばゴミ袋一杯になっていました。

これから先、花火や海水浴等イベントが目白押しですが自分で持ってきたものは自分で持って帰るように心がけたいものです。

良い場所発見

ゴミを拾いながら歩いていると大濠公園には机と椅子のある休憩所がありました。

大濠公園はジョギングやウォーキングをしている方がたくさんいらっしゃるので、こういった休憩所があります。また近所のおじいちゃんが囲碁や将棋もしているそうです。

もう少し涼しくなったらこういった場所でボードゲームをするのも楽しそうですね。公園でイベントを開くためには許可が必要ですが、単に集まって遊ぶだけなら許可はいらないと前に公園の関係者から聞いたことがあります。

福岡県大濠公園ボードゲーム会も楽しそうです♪

スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索

SNSでも購読できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索